F1 ニュース&コラム Passion

ピレリがスペイン、モナコ、カナダのタイヤ選択を発表

ピレリは2014年シーズンのスペイン、モナコ、カナダに持ち込むタイヤの種類を発表した。


スペインにはハードタイヤとミディアムタイヤを持ち込む。これは最も固いタイヤの組み合わせである。これはスペインの中高速コーナーが多く、路面も荒れておりタイヤに厳しいサーキットに対応する為である。特に左側のタイヤが厳しくなる。
モナコとカナダはスペインとは好対照で市街地サーキットとセミパーマネントのコースである。その為、ピレリは最も柔らかいスーパーソフトとソフトタイヤを持ち込む。
モナコは1年で一番低速のサーキットである。路面はとてもスムーズでコーナーが多く、マシンのメカニカルグリップに頼る部分が大きい。これは急速なウォームアップが可能なスーパーソフトにとって理想的な環境である。
カナダは低い気温で開催されることが多く、また別の意味でメカニカルグリップに依存する部分が多い。結果的にスーパーソフトとソフトタイヤが理想的な選択となる。ブレーキングとトラクションという縦の負荷が多いサーキットで、高速コーナーは皆無である。その為、リアタイヤを注意深く扱わなければならない。
 
GP
オプション
プライム
スペイン
ミディアム
ハード
モナコ
スーパーソフト
ソフト
カナダ
スーパーソフト
ソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください