F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.6 モナコGP 決勝結果 ロズベルグが今季2勝目

20140526_946325 2014年第6戦としてモナコGPが開催され、メルセデスのニコ・ロズベルグが優勝し、今シーズン2勝目をあげた。 ニコ・ロズベルグがポールポジションから危なげなくスタートして、1位でターン1を抜けることに成功する。レース中、燃費が苦しくなる場面もあったが、冷静にペースをコントロール。追いかけるハミルトンから逃げ切ることに成功し、開幕戦以来の勝利を得た。 2位はチームメイトのハミルトン。スタートで抜けなかったことで、彼のレースは決まった。レース中のペースはロズベルグよりいい場面も多かったが、モナコで一度前に出られては為す術がない。しかも、セーフティーカー登場した時にロズベルグと同時にタイヤ交換したのもハミルトンには痛かった。同じタイミングでタイヤ交換しては、抜くチャンスはない。 3位はレッドブルのリカルドで、2戦連続の表彰台となった。チームメイトのベッテルはレース序盤に、パワーユニットのトラブルでリタイヤ。 フェラーリのライコネンは3位なれる可能性が大きかったが、セーフティーカー中に周回遅れてのチルトンを抜かせる際に、接触されてリヤタイヤをパンク。二度目のタイヤ交換を強いられて表彰台争いから脱落した。 マルシアのビアンキが9位で初入賞。これは驚きの結果である。本来は8位でフィニッシュしたのだが、5秒加算のペナルティで9位。これは幸運にも恵まれたが素晴らしい結果である。彼自身もマルシアも初ポイント。これで事実上ケータハムとのランキング10位争いは終わったかもしれない。 可夢偉はビアンキに接触され強引に抜かれた際に、ボディワークが破損し、その後はペースが上がらず13位でフィニッシュするのが精一杯の結果であった。 【2014 Rd.6 モナコGP 決勝レース結果】 Pos.      Driver        Team 1        Nico Rosberg     Mercedes 2        Lewis Hamilton     Mercedes 3        Daniel Ricciardo    Red Bull 4        Fernando Alonso  Ferrari 5        Nico Hulkenberg   Force India 6        Jenson Button      McLaren 7        Felipe Massa         Williams 8        Romain Grosjean   Lotus 9        Jules Bianchi         Marussia 10      Kevin Magnussen  McLaren 11      Marcus Ericsson   Caterham 12      Kimi Raikkonen      Ferrari 13      Kamui Kobayashi   Caterham 14      Max Chilton          Marussia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください