F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.8 オーストリアGP 予選 マッサ6年ぶりポール ウィリアムズ11年ぶりフロントロウ独占

  フェリペ・マッサが2008年最終戦ブラジルGP以来、6年ぶりのポールポジションを獲得した。ウィリアムズのポールポジションは2012年スペインGPにマルドナドが記録して以来のことである。これよりシーズン開幕から続いていたメルセデスの連続ポールポジション獲得記録も終わった。 チームメイトのボッタスも2番手タイムを記録し、ウィリアムズはフロントロウを独占。ウィリアムズのフロントロウ独占は、2003年ドイツGP以来。ボッタスは最初のアタックでは最速であったが、最後のアタックでミスをして、キャリア初のポールポジション獲得のチャンスを逃してしまった。 3位にはメルセデスのロズベルグが入るが、チームメイトのハミルトンは最初のアタックタイムをターン8を飛び出した事によりタイム抹消された。この時、ハミルトンは最初の二つのセクターでベストタイムを出していたので、惜しいアタックとなった。そして最後のアタックでブレーキング時にリアから外に出るトラブルが発生し、ターン2で飛び出して彼はタイム記録することができずに、9位に終わった。ロズベルグは最後のアタックを、ハミルトンのスピンが原因のイエローフラッグで妨害され、最初タイムを更新できなかった。 ベッテルはQ3進出に失敗したが、リカルドはQ3に進出し、ルノー勢の中では最速だった。 可夢偉は新しいセッティングで予選に臨み、それが成功してマルシアのチルトンを上回るタイムを記録し、ビアンキとの差も0.15秒にまで詰めることに成功した。   【2014 Rd.8 オーストリアGP 予選結果】
1 Felipe Massa Williams-Mercedes 1’08.759
2 Valtteri Bottas Williams-Mercedes 1’08.846
3 Nico Rosberg Mercedes 1’08.944
4 Fernando Alonso Ferrari 1’09.285
5 Daniel Ricciardo Red Bull-Renault 1’09.466
6 Kevin Magnussen McLaren-Mercedes 1’09.515
7 Daniil Kvyat Toro Rosso-Renault 1’09.619
8 Kimi Raikkonen Ferrari 1’10.795
9 Lewis Hamilton Mercedes
10 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes
11 Sergio Perez Force India-Mercedes 1’09.754
12 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’09.780
13 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’09.801
14 Pastor Maldonado Lotus-Renault 1’09.939
15 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Renault 1’10.073
16 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’10.642
17 Adrian Sutil Sauber-Ferrari 1’10.825
18 Esteban Gutierrez Sauber-Ferrari 1’11.349
19 Jules Bianchi Marussia-Ferrari 1’11.412
20 Kamui Kobayashi Caterham-Renault 1’11.673
21 Max Chilton Marussia-Ferrari 1’11.775
22 Marcus Ericsson Caterham-Renault 1’12.673

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です