F1 ニュース&コラム Passion

ニコ6勝目でパパロズベルグ超えた!オーストリアGPの記録

945657707-363182262014 ロズベルグはオーストリアGPで優勝し、キャリア6勝目を飾った。これは彼の父であるケケ・ロズベルグの5勝を上回る記録である。ニコは155レースのキャリアで6勝目。父のケケは114レースでの記録である。 ただ父のケケはワールドチャンピオンのタイトルを獲得しているが、ニコはまだである。 ロズベルグは8レース連続表彰台に登った11人目のドライバーである。ワールドチャンピオン以外でこの記録を達成したのは、ニコを除けば J・P・モントーヤとカルロス・ロイテマンの2人だけである。 最長記録はニコのかつてのチームメイトである、ミハエル・シューマッハーが達成した19連続表彰台がある。 今回はスタートグリッドの最前列にメルセデスがいない今年最初のレースとなった。フェリペ・マッサのポールポジションは2008年のブラジルGP以来で、彼のキャリア通算16回目のポール・ポジションであり、キミ・ライコネンとスターリング・モスの記録に並んだ。 これ以前のウィリアムズのポールポジションはマルドナドが2012年スペインGPで記録したのが最後である。ウィリアムズがフロントロウを独占したのは2003年のドイツGP以来である。この時はモントーヤがポールポジションで、ラルフ・シューマッハーが2位であった。 キミ・ライコネンがこのオーストリアGPで通算200レースを記録した。この間、彼は20勝(勝率10%)、40回のファストテストラップ、16回のポールポジションを獲得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です