F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.9 イギリスGP観戦ガイド サーキット編

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Screen-Shot-2014-07-01-at-16.15.37 【開催国概要】 開催国:イギリス 首都:ロンドン 地理:ヨーロッパ北西の島国 人口:61,000千人(世界22位) GDP:約200兆円(世界第5位) 公用語:英語 【サーキット】 シルバーストン・サーキット 距離: 5.891km  周回数 : 52周  走行距離 : 306.198km コーナー数 : 18 今では非常に珍しくなった中高速のコーナーを多く持つクラシック・サーキット。 第二次世界大戦当時に使用された飛行場に作られたので、アップダウンが少ないのが特徴である。マゴッツ、ベケッツ、チャペルの連続高速コーナーが見所で、そのチャレンジングなコースレイアウトは多くのドライバーから愛されている。 2011年からスタート位置が変更され、クラブとアビーの間にスタート・ラインが設けられた、この場所に近代的なピット施設「ウィング」が建設されたことによる変更である。 2010年シーズンにコース後半が改修され、インフィールドセクションである「アリーナ」が追加されたがサーキットの基本的性格に変化はない。 天候が不安定であり、幾多のドラマを生み出してきた。天候と気温次第では、番狂わせもあり得る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です