F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.10 ドイツGP観戦ガイド マシン編

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

unnamed 【エンジン】 全開率は65%と平均的である。 高い気温とと高い湿度になることが予想されるので、エンジン温度は厳しく、冷却は重要となる。 長い直線では最高出力が求められ、メルセデスPU搭載車は最高速で有利。 全開率:65%(中) 最高速度 : 310km/h(DRS OFF)、320km/h(DRS ON) パワーユニット負荷(1が最も軽く、5が最も厳しい) エンジン: 4、MGU-K:4、MGU-H:4、バッテリー:4 燃料消費:3、エネルギー回収:4 【シャシー】 低速と中速コーナー、長い直線が組み合わされたレイアウトなので、以前は中程度のダウンフォースを選択していたが、DRSの登場でダウンフォース量は増えた。またターン6で急減速するので、ブレーキング時の安定性も重要となる。低速コーナーからの立ち上がりはタイムに直結してくる。 空力セットアップ:やや高め ブレーキ比率:15%/LAP ブレーキングゾーン:7カ所 ブレーキ負荷:厳しい 【DRS】 DRSゾーンは1カ所だけ設置される。検知ラインはターン4に設置され、検知ラインのターン4の2先から使用可能になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です