F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.11 ハンガリーGP観戦ガイド マシン編

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

unnamed 【パワーユニット】 全開率は55%と低くエンジンの負荷は少ない。エンジンへの負荷が低いので、距離の走ったエンジンを使用するマシンが多い。 ただ、高温になることが予想されるので、温度的には厳しく、エンジン冷却は重要な要件である。低速コーナーが多いことから、低回転域でのトルクが重要であり、メルセデス勢は有利。 最高速度:305Km/h(DRS ON)、295Km/h(DRS OFF) パワーユニット負荷(1が最も軽く、5が最も厳しい) エンジン:2、MGU-K:3、MGU-H:4、バッテリー:4 燃料消費:3、エネルギー回収:5 【シャシー】 ダウンフォースが大きいセットアップが基本。効率のいいアンダーフロアから得るダウンフォースが重要になる。また、低速コーナーではメカニカルグリップも必要になる。その為、リア・サスペンションを柔らかくしたいが、空力の安定性とのバランスが難しい。ブレーキには厳しくないが、クールダウンする時間が少ないので摩耗は大きい。 ブレーキング時間:14%/LAP   フューエルエフェクト:0.35Kg/10Kg(高) 【セーフティカー】 セーフティカーが登場する機会は少なく、登場確率は僅かに10%。過去7回のレースのうち2回しかセーフティカーは出ていない。 【天気予報】 例年、30度以上の酷暑になるハンガロリンク。金曜日と土曜日も暑くなる予報である。だが日曜日は雷雨が予報されており、2011年以来の雨のレースが見られるかもしれない。そうすればレースは波乱の予感がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です