F1 ニュース&コラム Passion

可夢偉 日本GP参戦へザウバーと交渉

12233561805_6234402ed6_k 日本GPの参戦も危ぶまれている日本の小林可夢偉であるが、ウルトラCを準備しているようである。 彼らのマネージメントチームは、可夢偉の日本GP参戦にむけて、なんとザウバーと交渉をしている。 先日のコラムでもお伝えしたように、ケータハムは可夢偉のシートを売りに出しており、お金さえ払えれば誰でも乗ることができる状態である。また可夢偉よりロッテラーの方が優先順位が高く、可夢偉は今シーズンの残りのレースに参加することすら危ぶまれている。 可夢偉のマネージメントは、そんなケータハムを頼っていても、日本GPで走れる可能性は低いと判断し、ザウバーと交渉をしている。だがこの交渉がすんなりとまとまるとは思えない。 というのも当たり前であるが、ザウバーには2人のレギュラードライバー スーティルとグチエレスがいる。彼らは共にチームにスポンサー契約をもたらしている。その為、2人のうち、どちらかを降ろして可夢偉に日本GP限定とは言えドライブさせることは、楽な交渉ではない。 スポンサー的にも可夢偉を日本GPに乗せても、日本国内では盛り上がるかもしれないが、世界的にはあまり話題にもならないだろうし、メリットは少ない。日本企業のスポンサーの数も少ないし、規模も少額である事を考えると、可夢偉の日本GP参戦は簡単ではない。もちろん可夢偉がスポンサーを持ち込むことができれば、話は少し変わってくるのだが。 そう考えると可夢偉が日本GPに参加することは、今のところ可能性としてはあるが、その可能性はけっして高くはない。だが可夢偉が日本GPの参戦するには、これしか可能性がないのも事実である。この交渉は日本GP直前まで続けられることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です