F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.14 シンガポールGP観戦ガイド マシン編

arton4359-14df3 【パワーユニット】 エンジンの全開率は45%と低いので、エンジンにとっての負荷は比較的低い。 サーキットは海抜が低く、気圧が高く空気密度も高いので、燃料消費量は多くストップ&ゴー型のレイアウトも更に燃料消費量をアップさせる。そのため、ドライバーは燃料消費とペースを考えなければならない。 パワーユニットの重要性は低く、メルセデス・ベンツ以外のPUにもチャンスがある。低速からの立ち上がりポイントが多いので、低回転域からトルクの出るパワーユニットは有利。 最高速度:305km/h(DRS ON)、290km/h(DRS OFF) フューエル・エフェクト:0.37秒/10kg(高) パワーユニット負荷(1が最も軽く、5が最も厳しい) エンジン:2、MGU-K:4、MGU-H:3、バッテリー:5 燃料消費:5、エネルギー回収:4 【シャシー】 最もブレーキに厳しいサーキットの一つ。 ビッグブレーキングのポイントはあまりないが、ブレーキングする場所が連続し、冷却する時間が少ない。温度が上限値以上に上昇するとディスクは急速に劣化するので、効率的なブレーキのクーリングを実施しないと、耐久性が問題となる。 路面に凸凹した部分が多く、優れたサスペンションを持つマシンはアドバンテージを持つ。減速と加速を繰り返すので、トラクション性能に優れたメルセデスは有利。 低速コーナーが多いので、各マシンはドラッグを無視して、最大限のダウンフォースをつける。 路面がパンピーであり車高を上げて走るので、空力的に優れたマシンより、メカニカルな部分が優れたマシンが有利。 空力セットアップ:ハイダウンフォース ブレーキング比率:21%/LAP ブレーキングゾーン:16カ所 ブレーキウェア:高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です