F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.15 日本GP観戦ガイド タイヤ・作戦編

Suzuka-Circuit 【タイヤ】 ピレリは最も固いミディアム(白)とハードタイヤ(オレンジ)を持ち込む。 これはシルバーストーンでの組み合わせと同じである。 これは鈴鹿はタイヤに厳しいサーキットであり、時にはタイヤに800kgを超す荷重がかかる為である。左フロントタイヤがとくに厳しく、気温によってはブリスターの発生も懸念される。いかにタイヤの消耗を低くするかで順位は大きく左右される。 鈴鹿はタイヤへの負荷が高く、ウォームアップに関しては心配がない。 ソフトとハードタイヤとのタイム差は0.8秒程度と想定される。 ただシルバーストーンのレースでは、二種類のタイヤのタイム差は少なかった。 【ピット戦略】 速度制限は週末を通じて80Km/h。 タイヤに厳しいサーキットだが、タイヤ選択が保守的なので2ストップが主流。 2ストップは3ストップより5秒速いと予測される。 フロントタイヤの熱だれはタイヤ交換の鍵になる。 最初のタイヤ交換は15周前後、2度目は35周前後になるだろう。 ピットインのロスタイムは、19.秒+静止時間(トータル約22秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です