F1 ニュース&コラム Passion

ホンダがエンジン開発制限に異議

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Abu Dhabi day 2-s ホンダは2015年シーズン中のアップデートを自分達だけが禁止されるルール解釈に疑問を持っている。 新しいエンジン開発の解釈では2014年から参加している3つのメーカー(メルセデス、ルノー、フェラーリ)はシーズン中に限られた範囲ではあるが開発が可能になるが、ホンダは2月末に登録したPUでシーズン終了まで戦わなければならない。 マクラーレンとホンダは来週FIAと接触し、この問題に関して討議をする予定である。 この新しいルールの解釈問題は、ルール上では一つの仕様のPUでシーズンを戦うことになっているが、その一つのPU仕様を凍結する期限が明記されていないことから発生している。このルールの目的はシーズン中の開発を凍結し、コストを削減することにある。 元々ルノーとフェラーリは2014年シーズンに独走したメルセデスに追いつくために、PUの開発制限自体をなくすようにFIAに訴えていた。 ホンダはFIAから2月28日までに2015年仕様のPUを登録するように通達されている。他の3メーカーはシーズン中のアップデートが認められている。 FIAはホンダ製のPUは新しく2015年に投入されるので、2014年に現行の3メーカーがシーズン中のアップデートを制限されたのと同様の措置をホンダが受けることが公平であると考えている。 だがホンダはこの措置が自分達を不利な状況に追い込むと思っており、来週FIAと協議をする。 ホンダはいきなりF1が持つ政治的な問題に直面している。ルールを自分達に有利な方向に導くのはモータースポーツでは常道である。それができれば自分達は有利になるし、ライバルは不利になる。だからレースが始まる前から各チームの戦いは始まっている。 ホンダがF1でもう一度活躍したいのであれば、こういう交渉ができる人間を置かなければいけない。そうしなければターボ時代にF1を席巻したにも関わらずルールを変更されてしまった時代の二の舞になる。