F1 ニュース&コラム Passion

可夢偉 2015年はスーパーフォーミュラ参戦濃厚

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

14969895487_e3300f5543_k 2015年シーズン、小林可夢偉はスーパーフォーミュラに参戦する可能性が高くなってきた。可夢偉は昨年までケータハムをドライブしていたが、2015年シーズンはF1のシートを見つけられず、その動向が注目されていた。 チームは先日のテストでもドライブしたチーム ルマンである。チームメイトは平川亮が残留すると予想される。デュバルは移籍する見込みである。 可夢偉のこの決断は、F1を欠場するにしてもやはりフォーミュラカーに乗っていた方が、感覚を保つ意味では有利である事やスーパーフォーミュラ自体がとてもよくできておりドライビングが楽しめることがある。スーパーフォーミュラはパワーでこそF1に劣るが、コーナリング性能は高い。またスーパーフォーミュラでは優勝争いできるのも魅力である。 スーパーフォーミュラであれば資金を持ち込む必要もないし、F1のリザーブドライバーになるためにお金を払うよりは貯めておき、来年以降に使った方が有益であるという考えもある。 またスーパーフォーミュラであれば、もしF1にシートの空きができた場合もすぐに対応が可能になる。あるチームのリザーブドライバーになると、ライバルチームをドライビングすることが難しくなる。 ただご存じのようにチームルマンはトヨタエンジンを搭載するチームであり、これにより彼がホンダからF1にカムバックすることは事実上なくなった。もっとも可夢偉は元々トヨタの育成ドライバーであり、いくら実力があるとは言えホンダからのF1参戦は現実的ではなく、スーパーフォーミュラ参戦は可夢偉にとってデメリットはほとんどないことから、参戦を決めると思われる。