F1 ニュース&コラム Passion

トロロッソの新車は大きく進化した

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

今年F1デビューを飾るトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンは今年の新車STR10は、昨年と比べ大きく進化していると述べた。 昨年、フェルスタッペンは金曜日のフリー走行でドライブした経験があり、それと比較した場合、今年のマシンはより良くなっていると感じている。 最初のシーズン前テストの最終日に、100周ほど走った後に、チームは多くのプログラムをすることができたと話した。 「マシンに関してはたくさんの仕事ができたし、このマシンになれるのが重要だ。僕たちは大きな進歩を成し遂げた」 「多くのラップを走ることができたし、ルノーエンジンもいまのところ調子がいい。だから不満はないよ」 しかしトロロッソのテクニカル・ディレクターであるジェームス・キーは、新車の性能に関して言うと、まだ手の内を見せていないと主張した。 「ドライバーに多くの事を学ばせなければならないので、現時点では信頼性に集中している」 今年のトロロッソのドライバーラインアップは、2人のルーキードライバーなので、チームはドライバーに経験を積ませることに重きを置いている。 「マシンの性能に関しては、何もしていない。我々は今月末になるまでは、それはしない。だからタイムは見てないよ」 「重要なのは信頼性と継続性であり、ドライバーにより多くの準備期間を与えて、彼らの要望に合わせたマシンを作り上げることだ」
Tagged on: ,