F1 ニュース&コラム Passion

使用トークンに現れるメルセデスの本気

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

f12015gp01aus_jk1670095 先日の開幕戦で、各パワーユニットサプライヤーが開発可能なトークンを使ったのかが明らかにされた。 各パワーユニットサプライヤーの使用したトークン数は以下の通りである。 ・フェラーリ22(残10) ・メルセデス25(残7) ・ルノー20(残12) これを見るとオーストラリアGPでパフォーマンスが良かったパワーユニットが、開幕前にトークンを使用していることがわかる。 特に昨シーズン圧倒的な力を見せつけたメルセデスが、一番多くのトークンを使用しているのは、驚きである。 彼らはテスト期間中から開発トークンをかなり使うことを明言しており、それを考えるとこれでもまだ少ないと考えることもできる。それは開幕戦までに間に合わなかったので、これから投入されるのかもしれない。 つまりメルセデスは昨年の成功に満足せずに、今年も攻めた開発する意志を使用トークン数から見て取れる ルノーは、これから新しいパーツを投入してパフォーマンスを上げてくるとも思われるが、開幕時点でのメルセデスとの差はあまりにも大きく、シーズン中に差を詰めることはできても、逆転することは容易ではない。 唯一の救いはフェラーリのパワーユニットが競争力を取り戻していることで、昨年のようなどん底を味わうようなことはなさそうである。