F1 ニュース&コラム Passion

LAST F1 MEETING @ インドGP

3年間続いてきましたF1 MEETINGがついに終わりました。
世界初の公式F1カフェでのパブリック・ビューイング。
今後も継続の方向で努力していますが、この場所(六本木のピットストップカフェ)でのF1 MEETINGは今回で終わります。


寝ているわけはありません。考え事してるだけですよ。
TOP3の予想とかね。本当に。

私自身は初年度から参加させいただき、さすがに最後の挨拶では感極まり泣いてしまいました。

思い返せば私がこのF1 MEETINGに参加したのは2009年4月第三戦の中国GPでした。
初参加のレースは、隣にはプロドライバーの松浦孝亮さんがいて、緊張したことをよく憶えています。
しかもこのレース、雨でSCスタートだったのです。最初の方は何を話して良いのかもよくわからず、中島さんの弾丸のような実況を聞いていつ話せば良いのだろうかと途方に暮れていました。
レースの途中からは普通に話せるようになったのですが、何とか無事に終了。
なんとか初解説を乗り切り、次のレースも参加することができました。でも次のレースは既に解説のドライバーの方が決まっていたので、私は裏方として参加する予定だったのですが、行ってみれば解説として参加させていただき、それからは、この週末までほぼ毎回参加させていただきました。


小嶋さん、中島さん、3年間お世話になりました。

このイベントでは、鈴木亜久里さん、中野信治さんという元F1ドライバーの方達とも一緒に参加させていただきました。松田次生さん、井出有治さん、伊藤大輔さんとは何回も解説させていただきました。
他にもおぐたんこと小倉茂徳さんやブリヂストンの浜島さんともご一緒させていただきました。これがご縁で浜島さんや川井ちゃんのトークショーにも参加させていただきました。今考えると幸せでしたね。


寄せ書きもいただきました。ありがとうございます。

最初の年は、右も左もわからずに走り抜けました。
2年目は来場の皆さんに少しでも楽しんでいただけるように、観戦ガイドも配布させていただきました。
3年目の今年の開幕戦はいきなり中止になり、東日本大震災もありました。
振り返ってみれば、もう3年も経ってしまったのかという気持ちです。


今回もたくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとう
ございます。

年間レースの数がとても多い昨今、シーズンオフも短い中で、一気に走り抜いてきたという気持ちです。シーズン中はほぼ隔週でレースが開催されました。
私も隔週日曜日に六本木に通うことになりました。

それまでほとんど六本木に縁のなかった私ですが、この3年で40回以上通いました。このイベントがなければ六本木にこんなに来ることはなかったでしょう。

実は私、ピットストップカフェには開店直後の10月に一般客として来ていました。
その私がまさか解説者として参加することになろうとは、想像することは不可能です。その半年後、私はここで解説者デビューを果たすことになります。

お伝えしたいことはたくさんあり、全てを書ききれないのですが、やはり感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

私の解説をF1 MEETINGで聞いてくださいましたお客様、私を解説者として招いて抱きましたPIT-FMの皆さん、いつも暖かく向かえてくださったピットストップカフェの皆さん、毎年20回も日曜日の夜家を空けても、私の夢を応援してくれた妻と子供。

メルマガ「F1 Hyper News」の読者の皆さん。
読者の方がいなければ、私は観戦記を書き続けることもできず、解説をすることもなかったでしょう。

全ての皆さんに支えられて、私は夢のような3年間を過ごすことができました。
F1 MEETINGが今後、どのような形で続けられるかはわかりませんが、この3年間は私にとって一生の思い出になると思います。

本当に皆さん、ありがとうございました。

本来であれば1人1人のお名前をあげて御礼をしなければいけないのですが、すみません。

最後の私が三年間、解説をさせていただきましたレースの中で記憶に残っているレースをランキング形式でまとめてみました。みなさん1人1人の中で、記憶に残るレースがあると思います。その記憶を少しでも共有できたらなと思います。

では、みなさんありがとうございました。
また会う日までさようなら。


イベントの最後にみんなで記念撮影!


1位 2010年 アブダビGP
昨年の最終戦。ベッテルの逆転チャンピオンの舞台です。圧倒的に不利なベッテルがチャンピオンになった瞬間は、鳥肌が立ちました。

2位 2009年 ブラジルGP
可夢偉のデビューレース。彼の活躍に胸躍りました。このレースと次のアブダビでの可夢偉の活躍は、F1 MEETING史上最高の歓声だったと記憶しています。

3位 2011年 カナダGP
雨雨雨。そんな記憶しかないGPに最後の最後に大逆転劇が待っていようとは。でも朝の6時過ぎまで起きて解説するのは難しかった。みなさん、お疲れ様でした。

4位 2011年 日本GP
それまでPIT-FMとして参加した日本GPでしたが、今年の日本GPは初めて決勝レースの解説をさせていただきました。しかもFP1、FP2、FP3、予選、決勝と全てのセッションで解説しました。しかも予選は可夢偉やベッテルの活躍、決勝ではバトンとアロンソ、ベッテルのバトルは見応え充分で、解説していてとても楽しかった。

5位 2009年 日本GP
初めてPIT-FMの一員として参加した日本GP。
ツゥルーリやグロックに生インタビューしたことが思い出されます。
panasonicタワーには可夢偉も来てくれましたね。


そしてさらに、最後の最後まで残っていただいたみなさんと
記念撮影!
またお会いする日まで、みなさんお元気で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください