F1 ニュース&コラム Passion

フェラーリ カナダGPでパワーアップを計画

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

2015年、鮮やかな復活を遂げたフェラーリが更なる進化を計画している。 今シーズン、全てのレースで表彰台を獲得しているフェラーリは、カナダGPで新型パワーユニットを投入する予定である。 フェラーリは10トークンを残しており、このうちカナダGPで5トークンを使用する。これによりフェラーリは20〜30馬力程度のパワーアップを見込んでおり、これはラップタイムを0.3秒前後を短縮するのに役立つ。 これは本来、スペインGPでの投入を目指していたものが間に合わずに、カナダGPでのデビューとなった。この二つのGPの間にはモナコGPがあるが、モナコではパワーアップしてもタイムの短縮が僅かなので、投入を見送った。 フェラーリは昨年のパワーユニットから大きな進化を遂げている。これは同じパワーユニットを搭載するザウバーが好調なことからもよくわかる。フェラーリ製のパワーユニットを搭載するザウバーは昨シーズン無得点に終わっている。 2014年にフェラーリは、トップランナーであるメルセデスより約50馬力ほど劣っていたと見られる。 カナダGPに開発したPUを投入するフェラーリであるが、もちろんスペインGPにもアップグレードパーツを持ち込む。