F1 ニュース&コラム Passion

弱点を露わにしたホンダ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_79P2576 ここまでトラブルに見舞われながらも進歩してきたホンダのパワーユニットであるが、パワーサーキットであるモントリオールで彼らの弱点をさらけ出した。 彼らの弱点はMGU-Hの回生量が不足していることで間違いない。昨年から100kgの燃料でレース距離約300kmを走りきるためには、MGU-Hでより多くのエネルギーを回収しなければならない。 そしてMGU-Hでより多くエネルギーが回収できれば、それだけ多くのエネルギーを使えるのでストレートスピードも稼げる。 マクラーレン・ホンダがモナコGPで今シーズン初入賞を果たしたことでもわかるように、彼らがこれまで苦しんできたドライバビリティの問題を、ある程度解決できているのは間違いない。 だがパワー面では上位陣に全く太刀打ちができていない。これではドライバーはたまらない。ホンダは100kgの燃料で完走するには10%以上の燃料が足りなかったのではないだろうか。それほどチームからドライバーへの「リフト・アンド・コースト(ブレーキングするより早くアクセルを閉じて燃料消費を抑える走行)」の指示は早い時期から出されていたし、レース中も出され続けていた。 今回、ホンダのトークンを使用して交換した部品はMGU-Hであると推測されている。ホンダは信頼性のために交換したといっているが、信頼性向上であればトークンを使わなくても交換できることから、一定のパフォーマンスアップも含まれていると考えるべきであろう。 だがまだまだホンダはレース中にMGU-Hを全開で回収すると信頼性に不安があるので、100%の能力を使えていないのである。そうでなければこれほどまでに燃費で苦しむことはないであろう。 メルセデスの強さの源がこのMGU-Hにあることは明らかであるが、その本当のメカニズムがわからない。だがフェラーリが表彰台をコンスタントに獲得していることからも、やり方次第ではホンダも競争力をつけることが可能である。 問題はそれがいつなのかである。今シーズンのマクラーレン・ホンダは他と競争できるレベルにない。結果云々の前にそのレベルに持っていくことが先決である。
Tagged on: ,