F1 ニュース&コラム Passion

不思議なクラッシュ ライコネン

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ライコネンは今回、不思議なミスでレースを去った。 2コーナーの立ち上がりでホイールスピンをしたキミは、マシンを左に蛇行してアロンソと接触。即リタイヤとなった。怪我がないのが不思議なほどのクラッシュであった。 このクラッシュの原因はライコネンがホイールスピンさせたことが原因なのであるが、どうにも不思議である。ライコネンほどのドライバーが、こんな単純なコーナーの立ち上がりで、こんな簡単なミスをするのだろうか。私にはそうは考えられない。 昨年からのマシンはパワーのデリバリーをソフトウェアでコントロールしている。以前もアクセルバイワイヤーを使い、電子制御はしていたが、パワーの源はエンジンだけであり、それにKERSがアシストしているレベルだった。 だが昨年からはエンジン、MGU-H、MGU-Kを一定の制限はあるが自由に組み合わせることができる。だがMGU-Kはバッテリーに電気が充電されていなければ使えないし、エンジンは低回転では十分なトルク配分ができない。一瞬毎の状況に合わせて、パワーを提供しなければ行けないわけで、恐ろしいほど複雑な状況である。 ホンダが苦しんでいるのも、その部分である。 カナダGPのヘアピンでライコネンがスピンしたのも、実に不思議である。彼ほどの実力者があんなに簡単なミスをするとは思えない。 そう考えると今回のホイールスピンもソフトウェアが適切なパワーの提供をできなかったのではないだろうか。 昨年から見ているとどうもキミには、新しい時代のマシンが合っていないようにしか見えない。