F1 ニュース&コラム Passion

ようやく薄日の差したマクラーレン・ホンダ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_X0W6936-s ようやく苦しみ続けたマクラーレン・ホンダに明るさが戻ってきた。 FIAから1年目のシーズンである事も認められてペナルティなしで新しいパワーユニットの投入が認められたホンダ。彼らはもっとも期待が持てそうなこのハンガリーGPに新しい虎の子のパワーユニットを持ち込んだ。 フリー走行ではトラブルもなく、順調だったマクラーレン・ホンダだが、またも予選でトラブルが発生。バトンはQ1で、アロンソもQ2で脱落した。Q3進出も見えていただけに、これにはチームも落胆したことだろう。抜きにくいハンガロリンクでの予選順位はとても重要だったから。 だがレース後半に荒れたレースを、2人のベテランドライバーが見事にまとめて見せた。この日のマクラーレン・ホンダは、これまでとは見違えるような走りで、前を走るマシンとバトルができていた。 2台とも大きなトラブルもなく完走し、アロンソは今シーズン最高位の5位、バトンも8位となった。でも結果もよかったが、2台とも完走できたことが大きい。これまではそれすらも困難な状況だったのだから。 それでもマクラーレン・ホンダはまだまだ楽観できるような状況ではない。この次のスパとモンツァでは、期待ができない。この次にマクラーレン・ホンダが活躍するのはシンガポールGPとなるだろう。 だから2台とも入賞できたからといって安心できる状況でもない。彼らは今シーズン初めてフルパワーを使ってレースができた。ここからがマクラーレン・ホンダの開幕となる。そしてこの夏休み期間中にどれだけマシンとパワーユニットの開発を進めることができるのか、それがシーズン後半の活躍と来シーズンのマクラーレン・ホンダを占う事になる。