F1 ニュース&コラム Passion

ルノーのロータス買収は実現するのか

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Renault-001 ルノーのロータス買収が佳境を迎えているようである。だがそれがルノーがロータスを買収すると決まったわけではないというところが、F1世界の難しいところである。 ロータスの経営は、かなり苦しい状況である。ロータスの資金不足はかなり深刻で、マシンのアップデートもままならないどころか、壊れたパーツも修復を重ねて使用している。もしロータスが新品のパーツを投入できれば、それだけで速くなると噂されている。 一方、F1会のドン バーニーはルノーをF1にとどめたいと考えており、ルノーと共にロータスの買収に一役かんでいる。 経営状況の苦しいロータスはいつ破産してもおかしくない状況である。その為、ルノーは一度破産してからロータスを買収するという選択肢もある。この場合、ロータスの持つ借金をかなり減らす事ができる。その場合、一番の被害を被るのはPUの費用を回収できていないメルセデスになるかもしれない。 エンストンに本拠を持つロータスは、資金さえあればまだまだ復活が可能だ。60%の風洞施設に最新のコンピュータシステムとシミュレーターがあり、優秀な人材もまだ残っている。