F1 ニュース&コラム Passion

ピレリの不思議な言い訳

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Soft-and-supersoft-tyres-lined-up-s ピレリはベルギーGPでのタイヤバーストについて不思議な言い訳をしている。 彼らは2年前にひとつのタイヤセットでの走行距離を制限するようにF1チームに要請したが、拒否されたと述べていて、それが今回のタイヤバーストの一因であるとほのめかしている。 確かにピレリはタイヤトラブルが続出した2013年に走行距離を制限するように要請し、チームに断られている。この時はプライムは全走行距離の50%以下で、オプションは20%の制限をつけるように要請している。 ベルギーGPでベッテルがプライムで走った距離は全走行距離の70%であり、確かにピレリの要請した走行距離を超えてはいる。 だからといってタイヤがバーストして良いとは言えない。ベッテルが怒っている理由もそこにある。 タイヤの走行距離制限がないのであれば、50%以上走行しても壊れないタイヤを開発し、供給しなければならない。 もしそれができないのであれば、少なくともピレリのエンジニアはフェラーリに警告しなければならない。そのようなタイヤの使い方は危険であると。 しかし今回、このフェラーリ担当のエンジニアはこの作戦に警告をしなかった。これではドライバー達が不満を募らせるのも当然である。  
Tagged on: ,