F1 ニュース&コラム Passion

マノー レッドブルに勝った!?

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

  マノーがレッドブルに勝った。といってももちろんF1レースでの話ではない。2016年に使用するパワーユニットのことである。 今年フェラーリ製のPUを使用しているマノーであるが、2016年はメルセデスを使用する交渉をしている。 あれほどレッドブルが欲しがっていたメルセデスのPUをマノーが獲得するかもしれないというニュースは少しの驚きを持ってむかえられた。 ルノーがロータスを買収して、自分のPUを搭載した場合、ロータスが使用しているメルセデスのPUがひとつ余ってしまう。ただレッドブルに提供すると、チャンピオンシップを失いかねないし、レッドブルの調子が悪い場合、それをメルセデスのPUの責任にされかねないので、メルセデスとしては得る物はなく、失いものばかり多い取り引きになるので、彼らはこの取り引きを断った。 マノーは今年、一年落ちのフェラーリエンジンを使用している。 ただマノーとメルセデスの取り引きがまとまった場合、FIAに許可を得る必要が出てくるかもしれない。というのもPUを提供できるチーム数は3と決まっているからだ。今年、4つめのチームとしてロータスにPUを供給する際に、メルセデスはFIAの許可を得ている。 このニュースは日本のホンダファンが興味を持って読んでいるかもしれない。なぜならもしマノーがメルセデスのPUを搭載したら、マクラーレン・ホンダを抜いてしまうかもしれないからだ。 来年、これがレベルの低い冗談だったと笑って言えるようになって欲しい。