F1 ニュース&コラム Passion

フェラーリが2016年用の開発中PUを投入か?

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

150020-rus-s フェラーリは次戦のアメリカGPで2016年シーズンに向けた開発中のパワーユニットの投入を検討している。 それを搭載するのはキミ・ライコネンと見られており、それが実現すればライコネンはグリッドペナルティを受ける。 フェラーリは既に今シーズンの制限である4基目のPUを使用しており、PUを載せ替えると必然的にグリッドペナルティを受けることになる。 フェラーリは残りのトークン全てを使った大幅に改良されたPUを開発している。 ベッテルはまだ数字上チャンピオン争いに絡んで2位につけており、ペナルティを受けるのは好ましくない。そこでフェラーリはこの新しいPUをチャンピオン争いから脱落している、ライコネンにのせようとしている。 フェラーリは2016年シーズンに向けて、エンジンブロックを大幅改良している。開発中の2016年用エンジンブロックは新しいギアボックスが必要になる。オイルタンクもエンジン後方から前方へと移動する。 新しいPUはMGU-Kの配置もエンジン後方から、ライバルと同様にエンジンブロックの左側に配置される。 フェラーリはマシン後部をスリムにして、空力効果を高めようとしている。 もしライコネンがアメリカGPで新しいPUを使用すると、残りのレースでも新しいPUをテストする予定である。 フェラーリはまだ開発中のPUをアメリカGPで使用するか決めていないが、決定はもうすぐであると述べている。