F1 ニュース&コラム Passion

2016年の複雑怪奇なタイヤ選択

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_A1B2555-s ピレリが2016年に関するタイヤ選択のルールを発表したが、かなりわかりにくいという声を聞くので、一度ここで整理しておきたい。   新しいルール ・新しいルールはドライタイヤのみに適用される ・レイン/インターミディエイトタイヤはこれまでと変更なし ・スーパーソフトより柔らかいウルトラソフトタイヤが導入され、コンパウンドは合計5種類になる。 ・ウルトラソフトは紫色でカラーリングされる   レース前のタイヤ指定と準備 ・1レース当たり、ドライタイヤを13セット供給するのは変更なし ・1レース当たり3種類のコンパウンドが使用可能になる ・二種類のコンパウンドをピレリが指定するのはこれまでと同じ。これを指定タイヤと呼ぶ。それに追加して指定された二種類のタイヤより柔らかいタイヤ1種類のタイヤを供給し、それは予選Q3だけで使用しなければならない。 ・この3種類の異なるタイヤコンパウド3セットは、 各1セットづつ自動的にピレリから供給される ・残りの10セットに関してはこの3種類のコンパウンドからチームが自由に選択できる。ドライバー毎に選択が違ってもいい。 ・ピレリの定める期限までにチームはFIAに必要とするタイヤの種類とセット数を伝えなければならない。レース2週間前までは、チームのタイヤ選択は公開されない。もしチームが期限までにタイヤの種類とセット数を伝えない場合、FIAが選択する。   例えばピレリがプライムをミディアム、オプションをソフト、予選用タイヤをスーパーソフトとする場合、この3種類のコンパウンド各1セットは強制的に供給される。 残りの10セットは、チーム側が自由に選択できる。例えばミディアム6セット、ソフト2セット、スーパーソフト2セットを選択することができる。そうするとその週末にピレリからそのチームに供給されるのタイヤは、ミディアム7セット、ソフト3セット、スーパーソフト3セットで、合計13セットとなる。 同じチームのドライバーの選択するタイヤコンパウンドとセット数は違っていてもOKである。   レースウィークエンド タイヤは下記のスケジュールで、返却しなければならない。ただしどのタイヤコンパウンドを戻すかはチームが決めていい ・1セットはFP1が40分経過後 ・1セットはFP1終了後 ・2セットはFP2終了後 ・2セットはFP3終了後 自動的にピレリから供給される種類の異なる3セットである指定タイヤは、練習走行中に返却することができず、レース中に使用できるようにしなければならない。ただしレース中に使用義務があるわけではない。要するにチームが使えるように持っていればいい。 ピレリが最初に選択する二種類のタイヤのうち、1セットは必ずレースで使用しなければならない。ただし仕様義務のあるタイヤをチームが選択できる。チームはレース中にその使用義務のあるタイヤと、もう1種類の別のタイヤを使用しければならない。要するに二種類のタイヤを使う義務があるが、それはチームが決めて良いということである。使用義務のないもう1種類のタイヤは、事前に決める必要がないので、レース状況に応じて決めても良い。 先ほどの例で言うとピレリが選択したのはソフトとミディアムなので、このうちのどちらかは必ず使用しなければならないが、どれを使うかはチームの判断に任される。例えばあるチームがミディアムを義務タイヤと指定した場合、残りのレースで使用する種類のタイヤは、レース状況に応じてスーパーソフトでもソフトでもどちらを使用しても良いことになる。 予選上位10位のドライバーは、予選終了後にQ3で使用可能な持ち込んだタイヤの中で一番柔らかいタイヤセットを返却しなければならない。 予選トップ10のドライバーは、スタートではこれまで通りQ2で最速タイムを記録したタイヤを使用する必要がある。 Q3へ進出できなかったドライバー達は、Q3用に提供された柔らかいタイヤをレースで使用することもできる。   さてあなたはこれで、2016年のタイヤルールが理解できただろうか。 もし理解できたというあなたは天才である。 あまりにも複雑すぎて、私には自信がない(^_^)
Tagged on: ,