F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレン サンタンデールとスポンサー契約延長

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_89P3401-s マクラーレンがサンタンデール銀行とのスポンサー契約を延長したことを認めた。契約期間は2020年までと見られている。 「両者の関係が発展していくことを楽しみにしているし、両者にとっていい結果になることを望んでいる」とマクラーレン マーケティングのエクレム・サミは述べた。 マクラーレンとサンタンデール銀行との関係や2007年フェルナンド・アロンソがマクラーレンへ移籍して以降続いていた。 「マクラーレン・ホンダのみんなと同じように、サンタンデールと仕事ができるのはとてもうれしい。偉大なパートナーシップに喜んでいるし、続けていくのが楽しみだ」とジェンソン・バトンも述べている。 サンタンデールとの契約延長は、ボーダーフォンのスポンサーシップの代わりを見つけられていないマクラーレンにとっては明るい話題である。 スペイン最大ののサンタンデール銀行は昨年F1に熱心だった会長エミリオ・ボティン氏がなくなったので、F1との関係を縮小すると見られていた。 マクラーレンは過去2年間に長年のパートナーだったヒューゴ・ボス、ジョニー・ウォーカー、タグ・ホイヤーを失っている。 ただこの契約はタイトルスポンサーほどの規模はないようである。 だが苦境にあえぐマクラーレン・ホンダにとって久しぶりのいいニュースである事は間違いない。