F1 ニュース&コラム Passion

勝利したけど不安の残るロズベルグ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

nr02-ausGP2016 今年の開幕戦を制したロズベルグは、昨年からの連勝記録を4に延ばした。だがそれほど喜んでいられないかもしれない。 確かに彼は開幕戦に勝利した。だがそれはライバル達のミスに助けられたものである。 まず予選ではハミルトンに完敗した。同じマシンに乗っているチームメイトに勝てないのは厳しい。 しかもその最大のライバルはスタートで大きなミスをした。 フェラーリがベッテルを優先して、ロズベルグがアンダーカットを狙いにいった時、ライコネンをピットインさせなかったことも彼には有利に働いた。 そして赤旗中断したときにフェラーリはスーパーソフトタイヤを履くというミスをおかした。 これだけライバル達が自滅しての勝利は、手放しで喜べない。彼が目指すのは一つのレースの勝利だけではないのだから。 ただ彼にとって有利な点もある。それは無線通信内容の制限である。 昨年から開始された無線通信内容の制限であるが、今年はさらに厳しくなくなった。これはロズベルグに有利に働くかもしれない。彼はハミルトンよりもエンジニア的な知識では優れている。つまり彼はレース中、自分自身で考えて決断しなければならないような場面で、ライバルに対して有利に立てる可能性がある。 次のバーレーンGPで予選でポールを取り、決勝レースでもリードを保って勝利して初めて彼の2016年シーズンは始まる。    
Tagged on: