F1 ニュース&コラム Passion

ホンダの完全復活は2017年

_89P3676-chaGP2016

ホンダは2015年の苦境から大きく進化した。だが完全復活は2017年になりそうである。

ホンダのF1責任者である長谷川氏は、ERSは大きく進歩したが、エンジン部分は改良の余地があると述べている。

「ERSは昨年より良くなりました。しかしエンジンはライバルに追いつく必要があります」

「この状況に満足していませんが、改善できたことはうれしく思っています」

「具体的な数値や順位を言うのはまだ早すぎますが、でも私たちは満足していません。今の順位に満足していません。ライバルのレベルに改善することはできますし、そうなればうれしいですね」

「もちろんシャシーも同様に大事ですが、我々はパワーユニットで貢献します。改善できるところを見せることが大事です。それが我々の目標です」

この発言を見る限り、昨年までの弱点だったERSの部分はかなり改善されているようである。

だが依然としてエンジン部分でのパワーはメルセデスに比べて劣っていることも認めている。

だが私はエンジンに関しては、あまり心配していない。なぜならエンジンに関してはホンダは知識も経験もあり、それを解決する人もお金もあるからである。

しかも来年からはPUの開発規制が緩くなる。そうすればホンダが持つリソースを最大限活かすことができるようになる。

そう考えると彼らの完全復活は2017年になるだろう。

だがホンダが完全復活を成し遂げたとしても、まだ問題が一つ残る。それは長谷川氏が述べているように、車体側の問題である。

F1はPUだけでは勝てない。車体側の性能も良くなければ勝つことはできない。それを考えると今のマクラーレンの競争力は物足りなくなる。

関連記事:レッドブル・ホンダは実現するのか? 

ホンダがマクラーレン以外にも供給をするのか、注目される。