F1 ニュース&コラム Passion

入賞で締めくくったマクラーレンホンダ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_ony6755_singaporegp2016 今年最後のレースをアロンソの10位入賞で終えたマクラーレンホンダ。昨年に比べれば大きな進歩が見られたことは確かであるが、彼らが目標としていたトップ3の次のポジションを常に狙うことはできなかった。 コース特性や作戦が当たった時はいいのだが、実力だけでコンストラクターズ4番目の位置は狙えないのが実力だった。 来シーズンからはパワーユニットの開発制限が撤廃される。余りあるリソースを持つホンダが本気になればさらなる前進は可能である。だが今のF1はパワーユニットだけ強ければ勝てるほど甘くはない。 ホンダとマクラーレンの密接な協力関係こそが鍵になる。だが今のマクラーレンとホンダの関係を見ていると密接な関係ではあるけれど、一体となってるほどではないとコメントなどから感じられる。 だがなぜメルセデスがこの3年間タイトルを独占しているのか?なぜ彼は他を圧倒するほど強いのか?それは決してパワーユニットの性能と信頼性だけではない。 今のF1に彼らほどシャシー側とパワーユニット側が密接に協力しマシンを開発しているところはない。そこが一番の彼らの強みである事は忘れてはいけない。 もしそこができないのであれば、来年のマクラーレンホンダは表彰台や優勝は狙えてもチャンピオンになることはできないだろう。