F1 ニュース&コラム Passion

可夢偉 2014年は報酬なしで走る

昨日、ケータハムからのF1復帰を発表した小林可夢偉は、2014年は報酬をもらわずに走ることを明らかにした。 ケータハムはドライバーに資金面での協力を求めた事実を隠さなかった。2012年の末にファンから集めた2億円弱の募金は可夢偉のF1復帰を後押しした。さらに複数のスポンサーを持ち込み、それが彼とライバルとの決定的な差になった。 それ以上に可夢偉はチームオーナーのトニー・フェルナンデスに給与がいらないことを強調し、自分がいかにF1をドライブしたいかを訴えた。 「今年は無償でドライブします。これが私の決断です」と可夢偉は述べた。「これが私のやり方です。このシートをどうしても獲得したかった。このトニーへのアピールが、彼へのメッセージになり、彼はこれをうれしく思ったでしょう」 「チームを助けたい。お金はどうでもいいんです。成功したいし、チームを成功に導きたいのです」
Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください