F1 ニュース&コラム Passion

2017年総集編1 対決!メルセデスとフェラーリ


 
今年もメルセデスのドライバーがチャンピオンになっことは過去の3年間と何も変わっていない。ただ結果は大きく変わらなかったのだが、その内容は大きく変わった。
 
それがフェラーリの躍進である。これにより昨年までとは違いチームメイト同士の対決からメルセデス対フェラーリの対決になった。ドライバーズタイトルは個人の争いだからどちらでも同じと思うかもしれないが、そうではない。
 
同じチームメイト同士の戦いは常に緊張感を伴うし、時にはコース上での衝突という形でその結果が現れることもある。
 
同じ道具(マシン)を操る以上、負けることは許されない。マシンが違えば負けた結果をマシンのせいにできるが、同じマシンではその言い訳は使えない。
 
だから2人の戦いは激しくなる。同じマシンに乗るので、競争力が同じということもあるので、接戦になることが多い。二台の作戦を大きく変えて、結果に影響を与えるのも嫌うので、作戦でも差をつけにくい。
 
だから過去3年間のチャンピオン争いは、とても緊張感が高かった。もちろん今年のチャンピオン争うが緩かったと言いたいわけではない。今年のチャンピオン争いも厳しかったのは間違いないが、過去3年間と比べて清々しさを感じられたのも事実だ。
 
そういう意味でもフェラーリの躍進は素晴らしいサプライズだった。