F1 ニュース&コラム Passion

一歩前進のトロロッソ カナダGP観戦記


ホンダは待望のアップグレードしたPUを持ち込んだ。主にエンジンの燃焼系が改良され26馬力ほどアップしていると言われている。これは昨年までのルノーとの差に等しい。もちろんルノーも今回アップグレードしてきているので差がゼロになったわけではない。だが差が大きく縮まったのは間違いないようだ。
 
ガスリーはフリー走行で新PUにトラブルの気配があったので旧型PUで予選アタックしQ1で脱落するというアクシデントはあったが、ハートレーはQ2進出し予選12位。
 
決勝ではハートレーはオープニングラップでクラッシュしたが、新しいPUにサイト載せ替えたガスリーは最後尾から11位まで順位を上げた。ストレートで初めてフォースインディアを抜いたとガスリーも言っている。
 
レース中ほとんどオーバーテイクがなかったのでこの11位は価値がある。まだルノーに追いついたとは言えないホンダだが、その差は確実に縮まっている。あとはルノーよりアップデートのタイミングを早くして、シーズン終盤にはルノーに追いつき、レッドブルとの契約をものにしたい。