F1 ニュース&コラム Passion

可夢偉 接触でリタイヤもペナルティなし

小林可夢偉のF1復帰初戦は、スタート直後の接触によりリタイヤで終わった。   彼はスタート直後の1コーナー手前で、ウィリアムズのマッサのリアへ突っこみ、レース後の審議対象となっていた。 だがFIAがチームが提出したデータを検証した結果、小林可夢偉には落ち度ないことが判明し、何の処置もおこなわれないことが決定した。 ケータハムの後輪のブレーキバイワイヤーが動作せず、可夢偉はブレーキペダルを踏んでいたにも関わらず、ノーブレーキ状態でマッサのリアに接触したと見られる。スタート直後の状況を考えると、2人に怪我がなかったのは幸運であった。 今年からリアでのエネルギー回収量が大きく増えたことに伴い、リアブレーキをシステムでコントロールされることが許された。これはモーターで発電する際に大きな抵抗がかかるためであるが、テスト不足もあり正確に動作させることが難しい。 今回の可夢偉と同様のトラブルはテストでも発生しており、ブレーキを踏んだにも関わらず、発電もブレーキもかからない状態になったと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください