F1 ニュース&コラム Passion

2007年 鈴鹿がカレンダーから外れる!

2007年度のF1スケジュールから鈴鹿が外れるかもしれない。 以前、富士での日本GP開催が決定した際に、鈴鹿はパシフィックGP等の名前でカレンダーに残るだろうとお伝えしたが、現時点では2007年度のスケジュールに鈴鹿の名前はないようだ。 今シーズンは、スパ・フランコルシャンサーキットが土壇場でスケジュールから外れた。 よって開幕前の19戦より1戦減り、全18戦で戦われている。 来年はスパがシリーズに復帰する可能性が高い。 そうなると元の19戦に戻りそうだが、チーム側は19戦は多すぎるので今年と同じ18戦でいくことを望んでいる。 では、どこがカレンダーから外れるのか? その最有力候補がホッケンハイム。 資金的な問題もあり、シリーズに残るは難しい見込みだ。 おそらくホッケンハイムが消えれば、ニュルブルクリンクでのレースがドイツGPへ昇格するのだろう。 もう一つが鈴鹿だ。 来年より日本GPは富士で開催される。 当初、鈴鹿は日本GP以外の名前で、シリーズに残る公算が大きいと見られていたが、ここにきて年間18戦となると残るのは厳しい。 鈴鹿はスパと並ぶ屈指の名コースであり、数々の名勝負が繰り広げられてきた。 スパがカレンダーに戻るは、うれしいがそれにともない鈴鹿がなくなるのは、なんともやりきれない話しだ。 ホッケンハイムも今となっては貴重な高速の部類に入るサーキットであり、最近できたちまちましたサーキットとは比べものにならないほど、ダイナミックな走りが見られる名コースだ。 鈴鹿とホッケンハイム。 この名コースをなんとかスケジュールに戻す方法はないものなのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください