F1 ニュース&コラム Passion

フェラーリに暗雲 風洞壊れた?

フェラーリはなぜ失速したのか? シーズン序盤4戦、フェラーリは明らかにマクレーレンに対してアドバンテージを持っていた。 マクラーレンが対抗できていたのは、優れた二人のドライバーを有していたからだ。 しかし、モナコから事情は変わった。 正確に言うとカナダGPから状況は大きく変わった。 モナコは特殊なサーキットで、マシンよりもドライバーのスキルに大きな比重がかかる。 だから、モナコでフェラーリが惨敗しても、カナダで復活するだろうと思っていた。 だが、北米の二戦でフェラーリはマクレーレンに太刀打ちできなかった。 今のマクレーレンは明らかに、フェラーリより競争力がある。 フェラーリは秘密主義なので、情報が外に漏れてくることは少ない。 だが、ここにきてフェラーリの風洞が壊れたのではないかという噂がでてきた。 フェラーリには一基しか風洞がない。 それを補うためにチームは、コンピュータを使ったシミュレーションシステムに大金を投資している。 風洞はメンテナンスするために、機械を一定時間止める必要がある。 他のチームが風洞を二つ持っているのは、24時間態勢で風洞実験をしたいからだ。 では、その一基しかない風洞が壊れたらどうなるか? 当然、開発のスピードは落ちる。 コンピュータ・シミュレーションでは、限界がある。 コンピュータ・シュミレーションで効果を確認したら風洞実験し、それでいい結果が出たら、実際のマシンでテストするのが通常の流れだ。 空力パーツの開発にとって、風洞が動かないというのはかなり厳しい状況だ。 噂によると、風洞が壊れたのは1ヶ月前。 フェラーリの失速時期とぴったり重なる。 しかも、ムービングベルトが壊れたというのだ。 今のムービングベルトはスチール製で、時速300キロ近い速度で回転するのだが、これが壊れたとすると、部品が飛び散り、風洞の被害は甚大だろう。 復活させるのに時間がかかりそうだ。 果たして、フェラーリはこの苦境を乗り越えて復活できるのだろうか。 それは、二人のドライバーが鍵を握るだろう。 マクレーレンは序盤、競争力が劣る部分を二人の優れたドライバーの力で補ってきた。 幸い、マクレーレンとの差はそれほど開いていない。 速いマシンがあれば、優秀なF1ドライバーは勝つことができる。 だが偉大なドライバーは多少、マシンの性能が劣っても勝つ。 他より劣るマシンで勝つかどうかで、そのドライバーの真価が問われる。 ライコネン、マッサともその実力を試されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください