F1 ニュース&コラム Passion

クルサードの思い出

ディビット・クルサードが引退を発表した。 彼の最初の思いでは、94年のF1デビューの時に遡る。 最初の年、彼はウィリアムズから出走するも、翌年の契約を残したまま、マクラーレンと二重契約。 FIAの裁定で結局、ウィリアムズでもう一年走ることになる。 ウィリアムズとマクラーレンが取り合うとは、どんなに凄いドライバーなのかと思った記憶がある。 昨年、マーケッティング活動の一環として東京は浅草、浅草寺でレッドブルを走らせてくれたことは、いい思い出だ。 (その時の模様は、こちらからどうぞ) 彼の主な戦績は14年間走り13勝。 チャンピオンにはなれなくて、最高ランキングは二位。 派手なところはないが、確実にポイントを取り、勝つドライバーという印象だ。 それでも、二桁勝つというのは、能力があるという証明だ。 マシンが良いだけでは、13勝もできない。 彼より勝ち星が少なくて、チャンピオンになったドライバーは一人や二人ではない。 正直、同世代のハッキネンやシューマッハーと比べると速さの面では差があると思うが、それを補う開発能力は高く評価される。 レッドブルの好調も彼の貢献が大きい。 それ以外に、彼はプレイボーイとしても有名である。 美人のガールフレンドを、何人もレースに連れてきていた。 うらやましい? そんなことは、少しくらいしか思ったことはない(^^)。 恐らく彼は、最後の旧世代に属するドライバーだろう。 そんな彼の引退発表に、40代の私は一抹の寂しさを感じる。 (と思ったらバリチェロがいたか!?) 彼の抜けたシートには、若いドライバーが抜擢される。 そうして、新陳代謝がはかられて、F1は続いていく。 ちなみに彼は引退後も、レッドブルのコンサルタントとして働くらしいので、パドックで見かけることもありそうだ。 クルサード、お疲れ様。 そして、新しい人生でも成功すること願っているよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください