F1 ニュース&コラム Passion

予算削減か辞任か!? モズレーの迷走は続く

FIA会長のモズレーは、チームにコストの削減を呼びかけている模様だ。 しかし、実現は難しい。 誰もが、予選削減には協力的だ。 ただし、条件が付く。 それは、チームの予算を管理できればという条件だ。 誰がどのようにして、チームの予算を管理するのだろうか。 しかも、モズレーは予選削減といいながらKERSなどという、莫大なお金のかかるシステムを導入しようとしている。 どうやらF1も地球にやさしくしなければ、ならないそうなのだが、F1が消費する燃料など世界的レベルでいえば、誤差にもならないほとわずかだ。 そんなに二酸化炭素を出したくなければ、現在18戦のF1の開催数を減らすほうが削減になるし、現実的だろう。 おまけに、GP2に対抗して打ち上げたF2構想は、各方面から非現実的と批判されている。 挙句の果てに、バーニーからはF2は芝刈り機のエンジンを使うのかとまで言われ、非現実的な参加コストの低さを揶揄されている。 会長選挙には勝利したモズレーだが、彼が辞任する日も近いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください