F1 ニュース&コラム Passion

2010年イギリスGPはドニントンパークへ

2010年からイギリスGPはドニントンパークで開催されることが、発表された。 ドニントン・パークといえば私には、強烈な記憶がある。 それは1993年のヨーロッパGP。 主役はそう、アイルトン・セナだ。 非力なフォードのV8エンジンを積んだセナは雨のオープニングラップでごぼう抜き。 一人だけ、物理の法則を超越したかのような走り。 私は、セナのベストGPを挙げろと言われれば、迷うことなくこのGPを挙げる。 さて、そんなドニントンパークであるが、そうなるとシルバーストーンでのGPは来年で終わる。 シルバーストーンはコースレイアウトの変更があり、多少スピードは落ちたものの、中高速型のサーキットは現代では貴重であり、好きなサーキットの一つであった。 それだけに、シルバーストーンがF1カレンダーから消えるということは残念でならない。 モナコ、シルバーストーン、ホッケンハイム、スパ、モンツァ、そして鈴鹿。 どれもが私が愛してやまないサーキットである。 是非、近いうちにシルバーストーンでGPが再開して欲しいと願っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください