F1 ニュース&コラム Passion

フェラーリはなぜ、タイヤ交換をしなかったのか?

彼らのマシンは、タイヤに優しい。 これは、非常に優れた特徴だ。 だが、逆に言うとタイヤの発熱性は悪い。 つまり、ライコネンがタイヤ交換をしてしまうと、ライコネンのタイヤが暖まる前に、ハミルトンに逃げられてしまうと考えた。 だが、雨は降ってきて、降り続けた。 そうなると、溝の減ったライコネンのタイヤでは、降り続く雨の中を走るのは難しい。 ここで、ライコネンがピットインしてエクストリーム・ウェットに交換していれば、勝負はどうなっていたかわからない。 だが、フェラーリとしては優勝を目指して、ポイントを失っては意味がないと判断して、ギャンブルはしなかった。 それにしても、今年のフェラーリの天気予報は当たらない。 全てのチームが同じデータを使用しているはずなのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください