F1 ニュース&コラム Passion

2014年は2回のピットストップが義務化される可能性

来年2014年はタイヤの寿命に関わらず、2回のピットストップが義務づけられるかもしれない。   12月に開催されるチームが集まり懸案事項を話し合うF1戦略会議で2014年から2回のピットストップを義務化する話がされる。このルールが戦略会議で決まり、FIAから承認を受けると、正式に2回のピットストップが義務化される。 それにともないタイヤの周回数に制限がかけられてプライムタイヤは全周回数の50%以下、オプションは30%以下で調整される。これだと2回のピットストップをルール化しなくても、必然的に2回のタイヤ交換をしないとレースを走りきれなくなる。 これは来年2014年にエンジンのルールなどが大きく変わるにも関わらず、タイヤテストが制限されていることが大きな原因である。2回のタイヤ交換を義務づければタイヤにかかる負荷が低くなる計算である。だがこれでも今年起こったようなトレッドの剥離やバーストにはあまり効果が無い。 これには当然、異論を唱えるチームがあると思われる。フェラーリやロータス、フォースインディアなどタイヤが比較的うまく使えているチームは反対するはずである。その為、これが戦略会議で決定されるかは微妙である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください