F1 ニュース&コラム Passion

スーパーアグリF1 SA06はフランスGP投入へ

スーパーアグリF1の新車、SA06は7月中旬に開催されるフランスGPで投入されることが濃厚となってきた。 だが、このマシンは先日お伝えしたとおり、完全なニューマシンではない。 これはSA05をベースにシームレス・ギア・ボックスを搭載したり、軽量化をおこなうマシンとなる。 現行のSA05は4年前のマシンを今年のレギュレーションに合わせただけの急造マシン。 その為、クラッシュテスト等の補強でかなり重量オーバーになってしまった。 車体を軽量化できれば、バラストを積んで重心位置を下げることができる。 またホンダV8エンジンは重心位置がかなり低く、旧型のギアボックスをそのまま取り付けられない。 その為、わざわざアウトプットシャフトを高い位置に移動し、高い位置にギアボックスを取り付けている。 これをおそらくホンダが提供するシームレス・ギア・ボックスに変更する。 ではなぜ、最初からホンダのギア・ボックスを使わなかったのか? ギア・ボックスを変更するとリア・サスペンションを新しく作らなければいけない。 しかし、シーズン前のスーパーアグリにそんな余裕はない。 とにかく二台のマシンを開幕戦に並べることだけが、彼らの目標だった。 このSA06のフランスGP投入だが、手放しで喜べるわけでない。 スーパーアグリは小さなチームだ。 人数は増えてはいるが、規模的には最小だ。 そんなチームがSA06の開発をすると、当然SA05の開発はできなくなる。 よってここまで、ミッドランドにかなり迫ってきたSA05だが、今後はこれ以上の伸びは見込めない。 だが新車が出なければ、更に上を目指すことはできない。 SA06に全てをかけるしか道はないのだ。 スーパーアグリF1は、このSA06投入でミッドランドを逆転することを目指す。

One thought on “スーパーアグリF1 SA06はフランスGP投入へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください