F1 ニュース&コラム Passion

フェラーリランドがスペインに計画

2014年シーズンがオーストラリアのメルボルンで開幕する直前に、スペインでフェラーリランドが計画されていることが明らかになった。 このテーマパークを計画した会社はフェラーリとフェラーリランド建設のライセンス契約を締結した。この新しい跳ね馬のテーマパークはスペインはバルセロナ近郊のリゾート地ポートアベンチュラに建設される予定である。 このフェラーリランドは7万5千平方メートルの敷地に建築され、多様な乗り物が楽しめ、多くの人に跳ね馬の世界を体験させる。 さらにこのフェラーリランドに併設して世界で初めてのフェラーリをテーマにした五つ星で250部屋とレストランやドライビングシミュレーターを完備したホテルも建設される。 このプロジェクトには1億ユーロが投資される予定であり、このテーマパークは2016年に公式にオープンする計画である。ポートアベンチュラでは年間400万人が訪れ、そのうち半分は国外からの訪問者になると見込まれている。 フェラーリのテーマパークといえば4年前にオープンしたアブダビにあるフェラーリワールドが有名である。このテーマパークでもアブダビ同様フェラーリは直接建設には関与せず、ライセンスを与えるだけである。 これを計画した会社はアストンマーチンを買収したイタリアの投資会社の子会社である。 だがこれで来年のアロンソが移籍してフェラーリから出て行った場合にはどうなるのであろうか? またこれを計画した会社が不況のスペインやヨーロッパから1億ユーロをどう調達するかは興味深い。いくら親会社が投資会社とはいえ100億円以上の資金を調達するのは、簡単ではない。それともサンタンデール銀行が融資するのだろうか。 計画は華々しく発表されたが、着工から完成までにはまだまだ紆余曲折がありそうな気配である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください