F1 ニュース&コラム Passion

レース中にオーバーテイクしない可能性ある

トロロッソがレース中に追い越ししない可能性を示唆した。 トロロッソはレース中に彼らのドライバーが前のマシンに追いついた場合、DRSを使用しないこともあり得ると話した。 前のマシンを追い越さないことでスリップストリームに入り、さらにDRSを使用して空気抵抗を減らし、燃料を節約するためである。 この危険性はこれまでも指摘されてきたが、実際にチーム関係者が明言したのは、これが初めてである。 関連記事:メルセデスのロウ 燃費が勝負を決めないことを望む 関連記事:レースは燃料勝負になる ニューウェイが警告 プレシーズンテストでは、ストレート終わりでコースティング(アクセルを戻して滑走すること)するマシンは多く見られた。これも燃料を節約するためのドライビング方法の一つであり、この週末でも多く見られる現象になる。 しかし遅いマシンに追いついてもオーバーテイクをしなければ、それはレースと言えるのであろうか。確かに昨年も燃料が厳しく、レース中にタイムを落としても燃料を節約するように指示が出たことはあった。だがそれはごく一部のドライバーが、特殊な状況において見られた現象である。今年はそれがいつでもどこでも見られそうである。 まさかレース中、一度もオーバーテイクがないとは思わないが、このような現象が多く発生すれば、それはF1に深刻なダメージを与えることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください