F1 ニュース&コラム Passion

マクレーレン 2007年のドライバーラインアップ発表間近

ロン・デニスが口を開いた。 「2007年シーズンの計画は決まった」 ロン・デニスが2~3週間後に、2007年のドライバー・ラインアップを発表すると述べた。 一人目のドライバーはアロンソで決まっている。 注目はもう一人のドライバーだ。 ライコネンは残留するのか、フェラーリ移籍か? ミハエル・シューマッハーは当初、夏頃に来シーズンの動向を決めると見られていた。 ところが、最近ミハエル・シューマッハーは去就に関する決断をシーズン終了後まで延期すると表明した。 しかし、フェラーリほどのチームがシーズン終了後まで、ミハエル・シューマッハーの去就を待つわけがない。 となると、ミハエル・シューマッハーはすでに来シーズンどうするか、決めていると見ていいだろ。 契約はまだ結んではいないが、続投か引退か、ミハエル自身は既に心を決めているはずだ。 ただ、最近の様子を見ていると、引退するとは考えづらい。 それは、スペインGP終了後の、記者会見を見ても明らかだ。 あの会見でのミハエル・シューマッハーは怒っていた。 勝てると確信していたレースを、完璧に近い形で負けた。 その悔しさが怒りに転嫁したのだろう。 その悔しさが心にある限り、ミハエルは現役を続行するだろう。 速さは、アロンソと同等であるところを見せているし、体力的にも問題がない。 彼が引退する理由は何もない。(家族と一緒に過ごしたいという理由は除いてだが) もし、本当にミハエル・シューマッハーが、シーズン終了後まで決断しないのであれば、フェラーリは手を打たなければいけない。 それは当然、ライコネン獲得だ。 もし、マクレーレンのラインアップにライコネンの名前がある場合、ミハエルの現役続行は間違いないだろう。 一方でライコネンがマクレーレンに乗らないとしたら、どうか。 ライコネンの選択肢はルノーか、フェラーリだ。 しかしルノーには2008年以降の保証はない。 ルノーの社長である、カルロス・ゴーン氏がF1活動に関しては毎年見直しを計ると述べている。 フラビオ・ブリアトーレもライコネンとの接触を否定している。 そうなると、ライコネンが選ぶのはフェラーリのみ。 しかし、ミハエルがいるフェラーリと、いないフェラーリでは環境に大きな違いがある。 もし、本当にミハエルが来年の去就を決めていないとなると、私はライコネンがマクレーレン残留を選ぶと予想する。 そして私はミハエル・シューマッハーは来年も走ると予想している。 そうなると結論は、ライコネンのマクラーレン残留だ。 ただ、一つだけ障害があるとすればロン・デニスとライコネンは友人になれないタイプの人間であることだ。 パーティー好きなライコネンとドライバーにも紳士的な振る舞いを要求するロン・デニスは性格的に相容れない。 そこをプロのドライバーとしてライコネンが割り切れるかどうか。 また、来年ミハエル・シューマッハーが現役を続投したとしても、後5年、10年と現役続行できるわけではない。 そうすると彼がフェラーリに合流してもいいという考えることもあるだろう。 注目のマクレーレンのドライバー発表はモナコGPかイギリスGP辺りになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください