F1 ニュース&コラム Passion

F1 MEETING@ハンガリーGP予選

今回は、初の試みとして予選の解説に挑戦! お相手は、F1 MEETINGでもお馴染みの三井ちさとさんでした。 予選とはいえ、会場はほぼ満員。 すごい熱気です。 ちさとさんが、テーブルを回りお客さんをインタビューします。 明日、仕事でこられないので予選に来た人もいます。 と順調に進んでいた予選も、大きなトラブルが。 マッサがタイヤバリヤに激突します。 ビデオを見てるとまったく曲がる素振りを見せていないので、最初はステアリング・ラックの破損かと思いました。 その後、鳥が当たったのではと言われ、かなり深刻な状況になりました。 マシン自体は、壊れていなかったのでクラッシュによるダメージはそれほど心配いらないと思いましたが、鳥が当たったのなら話は別です。 命に関わる問題です。 最終的には、バリチェロのサードダンパーのスプリングが、脱落してマッサに当たったということがわかりました。 重さ800g程度の部品ですが200km以上で走行中のF1にとっては凶器に代わります。 最近も、唯一の二輪とF1のダブル・チャンピオン ジョン・サーティースの息子さんが、F2レースで脱落したタイヤで頭を強打して亡くなりました。 最近は、マシンも頑丈になりドライバーの死亡事故もほとんど見られなくなったのですが、こういう事故を見ると改めて危険なスポーツなんだと思い起こされます。 これらの事故を教訓にして、対策が施されることを希望します。 と言うわけで、Q3が再開されましたが、ここでも最後の数分でタイミング・モニターが故障するアクシデント。 誰が何位やら、さっぱりわからない状況になりました。 ドライバー自身も、自分が何位かわからずに大混乱。 だが、意外にもバーニーが、ドライバーと談笑していて、びっくり。 でも笑っていても、LGに損害賠償を請求するんだろうな(^^)。 明日は、決勝レースのF1 MEETING。 アロンソがどういうレースを見せてくれるか、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください