F1 ニュース&コラム Passion

PIT-FM F1 MEETING @ イタリアGP

今回も、土曜日の予選に参加してきました。 雨にもかかわらず多くの方に来場いただきました。 そしてQ3開始前に、ポール・ポジション予想など。 私の予想が外れれば、お客さんにマクラーレンMP4-23の大きなダイキャストモデルをプレゼント。 しかも自腹と言うことで、私の予想にも力が入ります。 予選最速はハミルトンだと思ったのですが、ハミルトンはKERSダッシュがあるので、燃料重めできて、スタートで前のグリッドのマシンを抜きに掛かる戦略と読みました。 ここはスタート・ラインから1コーナーまでの距離が長いので、二列目までにいればトップに立つことは十分可能です。 なので私のポール予想はスーティル。 彼らはKERSがないので、軽めにしてポールを狙いに来ると思いました。 と言うことで、Q3終了間際にスーティルがトップタイム出したときは、思わずガッツポーズ。 自腹プレゼントなので、力が入ります。 ところが、ハミルトンがなんとその直後、スーティルのタイムを更新します。 なに!? 私はがっかり、お客さんは大喜び。 明暗が分かれました。 というわけで、めでたくマクラーレンMP4-23のモデルカーは、横浜から来られたハミルトンファンの女性の手に渡りました。 ハミルトンファンの方に渡って良かったです。 おめでとうございます。 土曜日もいろいろなプレゼントを用意していますので、日曜日は遅くて参加できないと言う方も一度、来てください。 そして翌日、日曜日は決勝レース。 こちらも土曜日以上にお客さんが来られました。 ありがとうございます。 マレーシアから仕事で日本に来られた6人組の方も来場いただきました。 順位予想の書き方なども、英語で説明させていただきました。 最初は通じずに焦りましたが、最後はご理解いただき、無事参加完了。 彼らは土曜日にも来られていて、二日連続の参加です。 しかも、この方達予想を当てて二名の方が、プレゼントをゲット。 すごいですね。 イベント終了後、トイレで偶然会ったときに、楽しめましたか?とお聞きしまいたら、もちろんと満面の笑みで返事をいただけました。 満足いただけて良かったです。 私の決勝レースの上位三位予想は 1位ハミルトン 2位バトン 3位バリチェロ ブラウン勢は重い燃料を積んで、1ストップなのですが、前にKERSを使う同じく1ストップのコバライネンがいるので、頭を抑えられて、その間にハミルトンが逃げ切ると予想しました。 フェラーリはモンツァでは、マシンがあわないので、キミの表彰台は厳しいかと。 会場のキミファンからは、白い視線が…..。 でも、正しい情報をお伝えするのが、解説者の役目ですから、ここはちゃんとお話ししないといけません。 というわけで、スタートです。 ハミルトン出遅れるものの混戦の中で、ライコネンが行き場を失い、トップをキープ。 ここまでは予想通りです。 ところが、コバライネンが序盤から後続車に抜かれまくります。 KERSあるのに、なんで抜かれるんだ! と叫んだのもむなしく、ブラウンの二台が前に出ます。 その後、ハミルトンのペースが思ったほど上がらず、2ストップのハミルトンは、バリチェロとバトンに逆転を許します。 順位は当たっていないけど、上位三人のメンツは当たっているので、まぁいいかなどと考えていたら、最終ラップでハミルトンがクラッシュ! 3位にはキミが繰り上がりました。 スパに引き続き、キミはフォース・インディアとバトルを繰り広げていました。 フォース・インディアのスーティルは、5位とはいえ彼自身は初入賞で、チームは連続入賞。 これは鈴鹿が期待できそうです。 今回も会場では、CS放送の音声はなしで、エンジン音だけの中継に、中島さんの実況と私の解説を流しました。 チームラジオの通訳は、PIT STOP CAFEのスタッフ、ケビンにお願いしました。 彼はLA出身で英語はネイティブですが、さすがに音声状態の悪いチームラジオに悪戦苦闘していましたが、よくやってくれました。 ありがとう、ケビン。 また、よろしくお願いします。 というわけで、今回のF1MEETINGは追い抜きシーンが多かったので、またまた盛り上がりました。 次はシンガポールGPです。 では、27日にお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください