F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.14 韓国GP トレッド剥離はペレスだけが悪いのか?

今回、ペレスの右フロントタイヤのトレッドが剥離した。これはシーズン前半に見られた現象で、一瞬緊張がはしったが、実はその前にペレスが盛大にフロントタイヤをロックしていたことが判明。右フロントのインサイドショルダー部分にダメージを与えたのが原因である。 確かにペレスのタイヤロックは酷く、彼のミスである。ただ酷いとはいえタイヤをロックしただけで、トレッドが剥離するのは普通の現象なのだろうか?以前のピレリタイヤでもロックさせてタイヤをダメにすることはあったが、剥離するのは普通ではない。ペレスに非があるのは明らかであるが、この程度でトレッド剥離が起きるようでは、今後も心配である。なぜなら剥離すれば後ろのドライバーには危険だし、今回もウェバーが危険な状況をギリギリでかわしている。けが人が出てからでは遅い。     関連記事:ピレリタイヤは安全なのか?危険なのか? 関連記事:ピレリが秘密テストをした本当の理由 関連記事:ピレリタイヤの新たな憂鬱 関連記事:ピレリタイヤの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください