F1 ニュース&コラム Passion

【動画】2014年エンジン音はどうだ!?

2014年のF1 エンジン音は昨年より悪くなったのか?テストの時から賛否両論のあるエンジン音であるが、実際はどうなのであろうか?   テストの時はまだまだ全開走行していないマシンも多く、レースの時にどんな音が出るのかは不明だった。では実際のレースではどうなのであろうか?下記の動画を見ていただこう。 明らかに昨年までよりは音が小さく、こもっている。昨年まではもっと大音量だった。22台がスタートする時などは、耳が痛いくらいだった。当たり前だが今年より高回転で回っていて、もっと高音を響かせていた。 今年はテスト中にパドックでインタービューができるほど、音が小さかった。昨年まではマシンが走っている時にはとてもうるさくて、会話などできなかった。 バーニー・エクレストンはこの音に対して「このマシンはレーシングカーの音には聞こえない。ジャン・トッドと話をしてレーシングカーのような音にするために、何か方法がないか調べる必要があると伝えた」と述べている。 「(フェラーリの)モンテゼモーロとも話したが、これはF1の音ではないという不満のメールをこれほど受け取ったことは未だかつてないと話していた」 今年の音の問題は、新しいレギュレーションによる影響である。排気量が減り、大型のターボを付けて排気音が直接外へ出なくなり、エンジンの回転数が落ちたことなどが原因として考えられる。 これらは今回のレギュレーションの肝になる部分で、これを変えることは規約の大幅な変更を意味するので、音の問題を改善するのは難しい。 テレビで見ている限りは、多少迫力がないと思ったくらいで、それほどの違和感はなかった。だがF1の音は実際に聞いてみないと、わからない。 F1の場合、テレビ観戦と現地観戦の一番の違いは音である。音が悪いのであれば、自宅の居間でテレビを見ている方が快適である。オーストラリアGPの主催者は、音が悪いので、これは契約違反だと述べている。そういう意味で彼の言うことは正しい。 このF1の音問題は深刻で、解決には時間がかかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください