F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.5 スペインGP観戦ガイド タイヤ・作戦編

20140508_922297 2014年第5戦として開催されるスペインGPのタイヤと作戦について解説しよう。 【タイヤ】 ピレリはミディアムとハードを持ち込む。 タイヤには厳しいサーキットなので、ピレリは最も固いコンパウンド二種類を持ち込む。 中高速の回り込む右回りのコーナーが多い為、左側のタイヤ、特にフロントタイヤの負荷が大きい。タイヤに厳しいサーキットであるので、計算上はタイヤ交換の数が増えても、いいタイムを出す方が有利だが、クリアなスペースで走れるかどうかがポイントになる。 【ピット戦略】 タイヤに厳しいサーキットなので、タイヤ交換は3回が予想される。 昨年の勝者アロンソはタイヤのタレが大きく4ストップだったが、今年のタイヤは昨年より固いので、3ストップが主流になると予想される。 左フロントタイヤの摩耗がタイヤ交換時期を決める。 3ストップ場合、最初のタイヤ交換は10周前後、2ストップの場合は15周前後が予想される。 DRSがあり違い追い抜きが可能になるので、回数を多くしても速いタイムを稼いだ方が有利となる。ピットレーンのロスタイムは、19秒+静止時間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください