F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.5 スペインGP観戦記 メルセデスの独走は続く

多くのチームがアップデートパーツを持ち込むヨーロッパラウンド開幕戦のスペインGP。だがそれでもメルセデスの独走を止めることはできなかった。 それでも差が縮まればまだ期待はあるのだが、予選でポールのハミルトンとメルセデス以外で最速だった3位リカルドのタイム差は約1秒。これはかなり絶望的な差である。しかもメルセデスは予選のセクターベストタイムを見ても、全セクターで1-2である。 スペインは高速中速低速とコーナーのバラエティに富んでおり、マシンの空力的なパフォーマンスを計るには最適なサーキットである。だから昨年まではシーズン前のテストで使用されてきた。 そのサーキットでメルセデスが他を寄せ付けなかったことは、今後のシーズンもメルセデスの独走が続くと言うことである。開幕ダッシュに成功しても、徐々に差をつめられるのが通常のパターンである。開幕で飛び出したマシンの模倣をして追いついてくるのがF1の常識であり、その速度は驚くほど速い。 だが今回の結果を見ると、差が縮まる気配が感じられない。もともと今回のメルセデスの独走は、その理由がまだはっきりしていない。普通これだけ差があると、明確な理由があるのであるが、今回は特別なものが見つからない。もちろんパワーユニットが素晴らしいのは当然なのだが、同じパワーユニットを搭載したウィリアムズやマクラーレンはレッドブルにも追いつけていない。ということはメルセデスの車体側にも速さの秘密があるのだが、それがわからない。そうなると追いかける方は難しくなる。 次のモナコとカナダはカレンダーの中ではかなり特殊な種類のサーキットなので、他のドライバー勝つ可能性も少しだけあるが、もしメルセデスがこのふたつのサーキットを勝ってしまえば、残りを全勝してもおかしくはない。 マクラーレン・ホンダが成し遂げた16戦15勝の大記録に迫る可能性が見えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください