F1 ニュース&コラム Passion

謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

▽謎だらけの新スポンサー スーパーアグリF1の新車SA07を見たとき不思議に思った人も多いだろう。 私もその一人だ。 噂の新スポンサーがサイドポンツーンとリアウィングに書かれていた。 そのSS UNITEDとはどういう企業なのだろうか? HPの情報によると 中国、ロシア、日本、タイやマレーシアに石油製品や先進エネルギー技術を供給する大規模なネットワークを持つ石油貿易会社で、 香港に拠点を置き、SS UNITED Oil & Gas Co.,Ltd.(SUC)と1996年に設立されたタイの投資会社であるSaha Reagal Best Company Limitedとの間の合弁会社であり、タイとインドシナ半島の主要なインフラストラクチャー事業の発展に取り組んでいる。 SS UNITED は民間企業であり、東南アジアや中東での石油貿易活動を行ってきている。 らしいのですが、いまいち実体が不明です。 同社の代表は日本人で、鈴木亜久里氏の父の友人であるとの話しです。 しかし、この企業は消費者向けのビジネスをやっている形跡はない。 そんな企業が、なぜF1のスポンサーになるのか疑問です。 現在、石油と天然ガスの相場はピークよりは下がったとはいえ高止まりしており、石油会社が儲かっているのは間違いありません。 だから、スポンサーになった可能性もあります。 だが、石油採掘ビジネスは多くの資金が必要で、F1にお金を出せる余裕があるとも考えづらい。 F1でもペトロナスがBMWのスポンサーになっているが、SS UNITEDがスポンサーになって何のメリットがあるのかまったく見えません。 発表によるとお金だけ提供するスポンサーではないらしいのですが、SS UNITEDが燃料も供給すると言うことなのでしょうか。 SS UNITEDのロゴを見ても、字体が細くてあまり目立ちません。 これで、本当にスポンサーシップの効果があるのかは、疑問です。 長期にわたるパートナーシップらしいのですが、石油価格は最近ヘッジファンドなどの投機対象となっており、価格が大きく上下することも珍しくありません。 SS UNITEDの業績が安定し、スーパーアグリF1に安定した資金を供給できることを願っています。 ただ、このSS UNITEDが噂されたビッグスポンサーではありません。 噂になったスポンサー候補は、スーパーアグリF1のカスタマーカー疑惑を嫌がり、交渉はうまくいかなかったようです。 スーパーアグリF1の年間活動資金は約100億円と言われている。 そのうち、約半分の50億円をホンダが負担している。 残りの50億円の内、10億から20億円は小口のスポンサーでまかなえるとしても、残りの30億円をこのSS UNITEDがだしているのか。 謎が謎を生む、スポンサーだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください